SUITS/スーツ2

SUITS/スーツ2
この記事ではフジテレビ、2020年4月期放送のSUITS/スーツ2を無料で動画視聴できる方法を紹介しています。
オススメ作品も載せているので併せてチェックしてみてください!

放送局:フジテレビ
放送日:2020年04月13日〜(毎週月曜21時放送)
出演:織田裕二/中島裕翔/新木優子/中村アン/小手伸也/吉田鋼太郎/鈴木保奈美 他

見逃し動画

▶︎カウントダウンリレー▶︎振り返り動画

ドラマ放送前に各キャストのカウントダウンリレーがありました!織田祐二さんが色んな質問に答えます。

2019年に放送されたSeason1を振り返ろう!織田祐二×中島裕翔のタッグはここから始まった!Season1をまだ観てない方もぜひチェックしてみてくださいね。

<最新話>動画視聴リンク
  • 1週間限定 無料視聴(最新話のみ)

最新話『第3話』配信:2020年8月03日(月曜)19:59まで

TVer

TVerの詳細はコチラ

<全話>動画視聴リンク
  • 第1話から全話 無料視聴
FOD

★ FODで見られるオススメ『弁護士』ドラマ

離婚弁護士
離婚弁護士

離婚弁護士

離婚が専門ではないが、頭も切れ、口でも言い負けることはない弁護士が依頼を通して女性に信頼をよせられる女弁護士へと変わってゆくドラマです。女性の離婚、詐欺、逆セクハラ、時には自分自身も恋愛がきっかけで訴えられてしまうという展開も待っています。大手弁護士事務所から独立した矢先に、パートナーに裏切られた一人の女弁護士。ちょっと古ぼけた事務所には個性豊かな仕事仲間が集まってきます。オシャレが大好きな受付嬢、威圧感が強い女弁護士、ラクダ顔だが優秀な男弁護士、おしゃべりなパラリーガルの女性から司法試験を受けようとする見習いの男の子まで。女性からの依頼を受け、色んな案件に出会う事で、依頼人から多くの勇気をもらってゆく。そして彼女自身も強く、しなやかな女性に変身。それがこのドラマの重要な所です。

グッドパートナー 無敵の弁護士
グッドパートナー 無敵の弁護士

グッドパートナー 無敵の弁護士

竹野内豊さん主演の企業法務を専門とした弁護士を描いたドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」。 神宮寺法律事務所でパートナー弁護士を務める竹野内豊さん演じる咲坂と松雪泰子さん演じるパートナー弁護士である元妻・夏目とは同じ職場の同僚。プライベートは上手くいかなかった二人だが仕事としての相性はよく、ゆるく柔らかく大人の色気があふれ出てる二人のトークや関係性がなんといってもみどころ。新人のアソシエイト弁護士を務める賀来賢人さん演じる熱海や、山崎育三郎さん演じる赤星など、やる気と若さ溢れるパワーも感じられる法律事務所は、國村隼さん演じる事務所のボス・神宮寺の事務所らしく、大人で働きやすい職場。ゆったりと流れ、仕事をものにしていく空気感がみていて心地よいドラマ。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN
スキャンダル専門弁護士 QUEEN

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

おすすめポイントはバカリズムさんです。このドラマを初めて見たとき、てっきりバカリズムさんが脚本を書いていらっしゃるんだ、と思っていましたが、ドラマの途中でそうではないことが分かってちょっとだけ残念でした(笑)バカリズムさんは自分で脚本を書かれたドラマに出演されたり、バカリズムさんが以前脚本を書かれたドラマに竹内結子さんが出ていらっしゃったので、今回もそうだ!と思い込んでいました。脚本はバカリズムさんではなかったですが、面白かったので、最後まで見続けました。竹内結子さんがかっこよく、水川あさみさんが面白かわいく、斉藤由貴さんがミステリアスで、男性陣が可愛かったです(笑)シーズン2とかしないかなと密かに期待しています。

分析考察

シーズン2になって安定感が増したような主役コンビの甲斐と鈴木。
でも、このドラマはやはり中島裕翔さんの鈴木が無資格弁護士であることがキモ。
いつその秘密がバレるか分からないハラハラが面白いので、いつまでもバレなさそうだったら普通の法廷ドラマとなんにも変わらないのでもどかしいところ。
いつまでもバレなかったら、どうせご都合主義にバレないような展開になるんでしょと思われたら、おしまい。
アメリカではシーズン9まで続いていますが、今後鈴木の立場がどうなっていくかが気になります。
今シーズンでは共同経営者だった上杉が復帰。今後、甲斐と幸村の立場を揺るがしていくのは間違いありません。
その分、前シーズンでライバルだった蟹江の存在が小さくなってしまったのは仕方がありません。
今後、幸村と上杉の間を上手に立ち回って、世渡り上手ぶりを発揮していくんでしょうか?
そして気になるのが聖澤と鈴木の関係ですね。
聖澤役の新木優子さんは前シーズンからぐっと大人っぽくなった印象。
前シーズンに登場していた今田美桜さんの幼馴染は登場しないので、恋の邪魔者はいなくなりました。
しかし、やはり問題になるのは鈴木の秘密です。
毎回の案件をこなしながらも、連続した展開に変化が起きて、毎回が楽しみです。

■ 相関図

SUITS/スーツ2相関図

SUITS/スーツ2相関図

SNS

↑第1話のスペシャルゲスト「反町隆史」さんとの動画メイキング。第1話から飛ばしすぎでは?と思うほどゲストが豪華でした。実は織田裕二さんと反町隆史さんの共演は今回で初!初回から贅沢すぎる貴重な回となりました。

↑ドラマ『SUITS/スーツ2』はファッションにも注目。新木優子さんの通勤コーデはオフィスカジュアルの方には真似したくなるのではないでしょうか。

↑鈴木保奈美さん、笹野高史さん、織田祐二さんの豪華な3ショットです♪リーガルドラマなだけあってみなさんビシッとスーツがかっこよく決まってます!!

【各話】感想コメント

■第1話『新シリーズ幕開け!最強弁護士バディ』(2020年4月13日放送分)

第1話の感想

ボストンから鈴木が帰国するところからシーズン2がスタートします。大事な局面で鈴木を呼び戻すところを見るとやっぱり甲斐先生は、鈴木の能力を買っているんだなと感じられてうれしいです。ですが戻ってきたのは鈴木だけではなかったのです。奥さんの看病のために休職中だったあの上杉が、奥さんが亡くなって帰ってくるのです。平和だった幸村・上杉法律事務所にまた静かな戦いが始まりました。甲斐と上杉が面と向かっているシーンは、会話がなくてもハラハラします。鈴木と真琴の、近づきそうで近づかないこの関係はもどかしいので早く展開してほしいです。

(30代・女性)

1話の序盤から、ボストンにいる鈴木大輔が、日本の甲斐先生に頼まれてレコード会社の事務所に潜入し、不正の証拠を暴いてくれる手伝いをしているシーンがあり、まだ始まって数分程度なのに、甲斐先生と鈴木大輔との信頼関係が見えて嬉しかったです。スーツ1から2の間にきちんと時が進んでいたんだ、続編が始まったんだと実感できる描写で、主役のバディーが大好きな私はとても満足しました。第1話は、複数の案件が同時並行で進み、ちょっと難しいなと感情部分もありましたが、やっぱり面白いドラマだと再認識でき、素直に嬉しかったです。

(20代・女性)

今シーズンから吉田鋼太郎さんが新しくキャストに加わって、シーズン1から豪華な方々が集まっていましたがさらに豪華になって帰ってきたという感じですごく楽しみです。第一話の登場シーンからただならぬオーラを感じました。また、織田裕二さんと中島裕翔さんの絶妙な掛け合いや中島さんと新木優子さんの恋の進展もあり第1話から見応え満載でした。新木さんは中島さんに心を許しており、好意はあるものの、自分から一歩前に踏み出せないといったすごくもどかしい感情を上手に演じており、見ているこっちがムズムズしてしまうくらいでした。

(20代・女性)

鈴木が戻ってきたのは良かったのですが、甲斐はチカに報告なしで、勝手に彼と再び仕事を始めてしまいました。チカとしては鈴木の詐称問題を知っているだけに、そのまま放っておくわけにはいかないでしょう。甲斐は鈴木を解雇するならば自分も辞めると言いましたが、チカの中では甲斐を解雇すると言う選択肢はないようです。鈴木問題がシーズン2もずっと付きまとっていきそうです。鈴木もそのあたりはハッキリさせたいと思っているのではないかと思いますが、今のところはこれと言った解決方法もなさそうです。なので、しばらくはバレないように何とかするしかないのでしょう。

(50代・女性)

シーズン2の初回とあって豪華な内容でした。なんせ反町隆史さんが航空機の開発をしている会社の社長役、似合いすぎる~。金額もスケールが大きくてリーガルものだけど、「SUITS」は群を抜いて世界観がセレブだなぁと思いました。海外に行かせていた大輔も戻って来てなんだかみんなが揃った感じが嬉しかったです。上杉の奥さんが亡くなったのでそれを機に復活を企んでいる感じが気になりました。甲斐は今度は娘にバラすと過去の事件の秘密で脅していましたが、もう手は打ってあるあたりはさすが上杉だと思いました。大輔とパラリーガルの真琴の恋も今回進展するかなと楽しみです。

(40代・女性)

■第2話『敵は最強の看護師』(2020年4月20日放送分)

第2話の感想

ついに吉田鋼太郎さん演じる上杉先生が幸村・上杉法律事務所に帰ってきて、話が展開していきます。小手伸也さん演じる蟹江先生の上杉先生に対するごますりの演技が面白かったです。また、中島裕翔さん演じる鈴木先生と新木優子さん演じる聖澤さんとの恋愛がやっとスタートして嬉しかったです。シーズン1からのこの二人の恋愛がどのように発展していくのかが、楽しみであったので、恋が実って良かったと思いました。第2話の織田裕二さんと、中島裕翔さんのスーツ姿も相変わらずかっこよかったので、目の保養になりました。上杉先生と甲斐先生との因縁のやり取りも迫力があって面白かったです。

(30代・女性)

蟹江弁護士は「長い物には巻かれよ」的な性格のようで、上杉が戻ってきたら、今度は彼に対して機嫌を取っているように見えました。そのような彼ですが、なぜか憎めない人物というのは、やはり彼以上に甲斐の方がしたたかだからかもしれません。蟹江は甲斐のことをライバル視していますが、甲斐の方は全くそう思ってはいないようです。蟹江は単純な性格なのか、人に頼られるとすぐにその気になってしまいます。根は良い人のように思いますが、出世欲が絡んでくることで、それが裏目に出てしまっているように感じました。上杉はまだ猫を被っているように見えます。今後の上杉の動向に注目していきたいです。

(50代・女性)

上杉の復帰の仕方が見事でした。公然とチカたちに感謝と敬意を述べ、今までの自分を反省するって周りの心を一瞬でつかんだのもさすがだったし、チカもあれじゃあ何も言えないですよね。甲斐のなんとも言えない顔が良かったです。蟹江は上杉のために色々頑張っているのに報われない感があって気の毒でしたが、最後にプレゼントをもらいその辺りも上杉さすがでした。でも欲しいものがそれ?とは思いました。本人が気に入っていたので良かったのですが。メインの案件は病院の組合問題でしたが、看護師長役で出演していた黒木瞳さんはさすがに手ごわかったです。ただ病院側の闇もあったので甲斐がいい形で和解させてくれたとは思いました。

(40代・女性)

鈴木と上杉が事務所に戻ってきたことで、また平和とは行かない日常が始まりそうな展開です。甲斐が、新人がやるような仕事をあえて上杉に回すように幸村に指示をするという、敵対心むき出しなところが静かながら怖いです。仕事をする上で、お互いに先手を売って根回ししているところが怖いです。ですが、現実の社会でもありそうだなと思いました。第2話で、鈴木と真琴の展開に進展があってドキドキしました。ですがそのことで鈴木は自分がついている嘘に悩むことになります。嘘を打ち明ければ事務所も真琴もこのままではいられない気がしますし、これから、鈴木がどんな行動に出るのか気になります。

(30代・女性)

第2話は、待遇改心と賃上げを要求する看護師組合と病院との労使交渉がメインの話でしたが、なんと言っても看護師長役の黒木瞳さんの演技が光っていたなと感じました。黒木瞳さん演じる女性は、病院の幹部数名を相手にたった1人で交渉に立つ強気な女性で、やはり違うというか、大女優の存在感をありありと見せられた気がします。また、交渉の最後の最後で、無茶な事を言って甲斐先生が彼女を解雇しようとする展開にはびっくりしましたが、実はそれは、病院側との交渉を有利に展開するための口実でしかなく、結果的には展開をひっくり返して勝っていたので、とても気持ち良く終われました。

(20代・女性)

■第3話『復讐編スタート!』(2020年7月27日放送分)

第3話の感想

大輔が真琴にすべてを打ち明けるべきか悩んでいたのがとてもビックリしました。瀬川が大手町スカイビスタのプロジェクトを潰せと言ったのがとてもビックリしました。大手町スカイビスタの建設が遅れていたのがとても面白くてよかったです。

(30代・男性)

チカが成りすましの大輔を呼び出して来るだけに追い出しにかかるのかと思ったらまさかの会話だけとはホッとしたが、高価なレストランでの費用は大輔持ちとはビックリ、大輔の稼ぎはまだまだなのにとチカの腹黒さを感じてしまった。

(30代・女性)

チカと鈴木が食事をしていたのがとてもビックリしました。鈴木がご飯をおごらされていたのが笑えてよかったです。チカに鈴木が質問されていたのがとても面白くてよかったです。玉井が甲斐にクビと言われていたのが笑えてよかったです。

(40代・男性)

せっかくの二人きりのディナーなのに中島さんがおごらされたのはちょっと面白かったです。ゴルフ場での打ち合わせ、事務所規程についての打ち合わせには隙がなくて今回も念入りな雰囲気がとてもスマートでかっこよかったです。

(30代・男性)

東京ナショナル銀行が、ビルを安く手に入れようとしていることを甲斐たちが気づき、追加融資が認められ、芹沢社長も辞めずにすみました。顧客のためでしたが、ファーム内の争いには不利になったようです。複雑です。アソシエイトが不満を持っていると知り、蟹江がショックを受けている時に、甲斐が「君はすごい」といったのには驚きました。本当は信頼しているのだと思いました。

(60代・女性)

■第4話『黒幕現る!』(2020年8月3日放送分)

第4話の感想

小手さんの役柄が妙にあってて違和感がない。せめて上杉先生役が大沢たかおとか堤真一とか、こう織田裕二に引けを取らないイケメンだったらなって思ってしまうのは私だけ?恒例の、エレベーターで感情出過ぎな鈴木先生。

(20代・女性)

織田裕二さんが、一作目の時より老けて見えるなと思います。一方の鈴木保奈美さんは、ますますきれいで若々しく見えるので、2人とも同じように体を鍛えていると思いますが、織田裕二さんは、ちょっとストイックすぎるのかもしれないなと思いました。

(40代・女性)

失恋で腑抜けになってる鈴木先生、めちゃくちゃ可愛いな。失恋を癒すショック療法として蟹江の元に強制入隊させられた鈴木「さぁ!イエッサァ!」は笑った。あらー、得意のレコーダーで逆にはめられた蟹江先生。そしてピンチ。

(20代・女性)

蟹江に頭を下げさせた甲斐が大輔を向かわせるとはビックリ、蟹江はなんとしても上杉のご機嫌を取ろう躍起になる意気込みが軍隊方式で大輔を鍛えるという構図はまさにコント劇なのが可笑しく、最近の恋愛にユルユルだった大輔には良い薬になるかもしれない。

(30代・男性)

中島裕翔さんと小手伸也さんが2人でランチをしているシーンは、新型コロナウイルスの感染防止のために、隣に並んで座っていたのだと思いますが、男同士が隣に座るのは、あまりにも不自然だなと思いました。しかも、小手伸也さんほどの大男と隣だと、近すぎて食べづうだなと思いました。

(40代・女性)

■第5話『ー』(2020年8月10日放送予定)

(出典:SUITS/スーツ2-第5話)

第5話の感想(放送後、更新予定)

更新予定

(30代・男性)

更新予定

(30代・女性)

更新予定

(40代・男性)

更新予定

(30代・男性)

更新予定

(60代・女性)

このドラマもオススメ!

★ Paraviのオススメ『織田裕二・中島裕翔』ドラマ

織田裕二出演作品

IQ246~華麗なる事件簿~

沙羅駆(織田裕二)の圧倒的な推理と、奏子(土屋太鳳)を手玉に取るやりとりが見所。賢正(ディーン・フジオカ)の沙羅駆をサポートする関係性も面白い。そもそも織田裕二、ディーン・フジオカのダブルイケメンが一番の見所。基本的にギャグ要素が多いため、推理物だか観やすい。ドラマ開始時は織田裕二の演技が(特にしゃべり方)賛否両論あったが、ドラマを見続けると、なれてくるのか?非常にしっくりくる。物語の最初は、沙羅駆が周りを振り回すイメージが強い。後半に進むにつれ奏子に振り回されることも出てきて、沙羅駆が変わっていく所もポイントの一つである。物語最後のマリア・T(中谷美紀)と沙羅駆との対決がクライマックスにふさわしい。

株価暴落
株価暴落

株価暴落

いわゆる企業テロの標的となった会社の株価が暴落し、その会社に対して融資を行っていた銀行における決断を主に描いています。株価が暴落した状況となっているため、今後の見通しは非常に悪いと言え、これ以上の融資は無理だと判断する人間もいれば、支援していくために融資を続けていくべきだという人間もいました。重要な決断を迫られている中で、最終的に銀行としてどういう結論に至るのか?という点に注目です。このドラマは多くの人には縁がない、詳しく知らないと言える銀行の内部事情が細かく描かれています。特に融資をどうするか?という問題は、銀行もそうですけど、相手の企業にとっても重要です。様々な人間がどのように考え、どう動くか?がみどころとなっています。

中島裕翔出演作品

半沢直樹
半沢直樹

半沢直樹

池井戸潤原作のドラマですが、今までの『勧善懲悪』とは少し違う、人間臭いドラマだと思います。原作者自体が『元銀行員』との事で、銀行の裏側、特に融資など普段あまり表に出てこない事が知られて、また、その攻防が面白いんです。ドラマは2部制になっていて、第1部は半沢が融資係として企業を助けたり、ずる賢く融資額をせしめた会社の社長などに「倍返しだ!」とお金を回収していきます。お互いの心理戦が面白いです。第2部は半沢が本部に栄転し、そこで本部の膿にきづいて変えようとします。でも最大の敵・大和田常務があの手この手で邪魔をしてくるんです。まさに心理戦・攻防戦です。半沢も1人ではなく、仲間や同僚・時には奥さんからの情報で大和田常務を追い詰めます。とっても面白いドラマです。