だから私はメイクする

日テレ、2020年秋放送開始のドラマ「だから私はメイクする」の見逃し動画を無料視聴する方法を紹介しています。公式YouTubeやSNSの情報なども掲載。オススメ作品も載せているので併せてチェックしてみてください!

放送局:テレ東
放送日:2020年10月7日(水)(毎週深夜0時58分〜放送)
出演:神崎恵、志田彩良、吉田朱里(NMB48)

見逃し動画

▶︎番宣動画

美しい3人の美貌にうっとりです。ドラマ内のメイク術にも期待が持てる予告動画です!

<全話>動画視聴リンク
  • 第1話から全話 無料視聴(独占配信決定)
Paravi

★ Paraviで見られるオススメ『原作が漫画』のドラマ

JIN-仁-
JIN-仁-

JIN-仁-

ドラマ「仁」のみどころは、医者である主人公の仁が江戸時代にタイムスリップして、そこで多くの人々を救うところです。その時代では本来治せない病気などを、未来の医術で治療して治していく仁の凄さが、一番のみどころだと思います。また、途中から坂本龍馬が表れて、仁が時代の流れに翻弄されていく設定も見ていて面白いです。特に坂本龍馬の活躍などは、教科書では「薩長同盟の仲介人」という程度の紹介してしていないので、それ以外の重要な役割などもドラマで描かれていて分かるので、歴史の勉強にもなるのがおすすめポイントです。ドラマの最初から現れる「胎児」が、どういう意味を持っているのか、作品全体に関わることだと思うのですが、きちんと説明されずにいるのも不思議なところです。

きのう何食べた?
きのう何食べた?

きのう何食べた?

このドラマは、料理を題材にしたドラマでありながら、ゲイセクシャルについても描かれている異色の作品です。主人公はゲイで、男性の恋人と同棲しています。しかも、ふたりは若いわけでもなく、どちらも40代~50代です。この年齢設定がリアルで好感が持てます。長い人生の中で、色々あった末でのパートナーということが分かりますし、ドラマを見続けるにつれ、そのことがだんだん、少しずつ紐解かれていく点もまた見どころです。このように、ヒューマンドラマとしても魅力的ですが、なんといっても料理のシーンが魅力満載です。良く見せようとしすぎない、あくまで素朴な料理と調理シーンが多く、調理中のモノローグやBGMも、煮物や炒め物の音などを妨げないので、見ていて気持ちよくお腹がすきます。

ごくせん
ごくせん

ごくせん

極道の跡取り娘である主人公の山口久美子(通称ヤンクミ)が男子高の先生となり、不良生徒が集まるクラスの担任として、ケンカと暴力の違いや生きる上で大切なことを熱く教えます。ヤンクミは各々の問題を全力で解決しようとします。回を重ねるごとに徐々に心を開いていく生徒や先生たち、最終回では今まで何かと対立していた教頭先生さえもヤンクミの味方になります。見どころはヤンクミの一生懸命な姿、厳しいけれどもハッキリとした物言い、心動かされて味方が増えていく展開。王道の展開にはなりますが、このドラマを見ていると言いたいことをヤンクミが代わりに言ってくれるように感じてスッキリします。また、生徒に向けられるヤンクミの真っ直ぐな言葉は、視聴者の大人にも深く突き刺さります。日々の生活にストレスを抱いている方、自分に少し喝を入れたい方にオススメです。

分析考察

近日更新予定

■ 相関図

近日更新予定

SNS


↑漫画が原作の『だから私はメイクする』
美人な3人がどのような世界を見せてくれるのか楽しみです!

<各話>感想コメント

■第1話(2020年10月7日放送分)の感想

第1話の感想(放送終了後に更新予定)

近日更新

このドラマもオススメ!

★ Huluのオススメドラマ『原作が漫画』のドラマ

今日から俺は‼️
今日から俺は‼️

今日から俺は‼️

なんとなく見始めたドラマでしたが、賀来賢人さんがあまりにもぶっ飛びすぎてて驚き、ハマって見てしまいました。このドラマを見るまで賀来賢人さんを知らず、榮倉奈々さんの旦那さんと知り驚きましたが、とにかく演技がふりきれていて、コミカルでいつも家族と笑ってしまいました。気になってNG集も見ましたが、監督がカメラテストと同じものを許さないストイックな監督だそうで、毎回変顔などは変えて挑んでいたと知り驚きました。橋本環奈さんもかわいいのに、あそこまでふりきれた変顔やコミカルな動きをすると思わなかったので、笑ってしまいました。少し昭和な感じの髪型やファッションやキャラクターもまた個性的で、とても良かったです。

凪のお暇
凪のお暇

凪のお暇

このドラマは、多くの働く女性が共感できる作品だと思います。特に、内気な女性、空気を読む癖がついてしまった女性、働くことに疲れてしまった女性にはぜひ見てみてほしいです。主人公・凪は、空気を読み、本来の自分を押し殺すような生活を続けた結果、同僚でもある恋人にひどい仕打ちを受け、職場で倒れてしまいます。そして、それを期に退職を決意、全ての人間関係を断ち切り、1からやり直そうと、単身、違う土地に移り住むのです。ここまでの展開は、非常に羨ましいものに見えますが、しかし、新しい場所に行ったところで、全く新しい自分にはなれないのが人生。そのあとの展開には、夢や希望とともに苦難や諦めがあり、その紆余曲折っぷりがリアルで、それが見どころのひとつです。

サラリーマン金太郎
サラリーマン金太郎

サラリーマン金太郎

元暴走族で漁師経験もある主人公が、ある建設会社のサラリーマンになるというドラマです。主人公は普通の人とは違った人生を歩んできた側面があるため、サラリーマンをやるにあたって明らかに他の人たちとは異なった性格をしているのが特徴です。ただ、そういった部分を気に入られての入社なので、それこそがこの主人公の本領といった感じなのでしょう。割と破天荒な感じで思い切った行動をとることも多く、常識の枠にとらわれない発想で、リーダーシップをとっていく部分もあり、現実に存在したらすごい頼もしいだろうなと思えてくるようなサラリーマン像となっているのです。サラリーマンとして働いていない人や学生の人にとっても面白く見られるドラマです。