skip to Main Content
COMMENTS
EXHIBITIONISM アンバサダー
Char

Char

ミュージシャン、ギタリスト

● MESSAGE

“ Rolling Stones ” コロガル石。
そして今もコロガリ続ける。
砂になるまでコロガレ,,,。

PROFILE ▼

1955年6月16日東京生まれ。 本名・竹中尚人(たけなか ひさと)。8歳でギターをはじめ、10代からバックギタリストのキャリアを重ねる。1976年「Navy Blue」でデビュー以降、「Smoky」「気絶するほど悩ましい」「闘牛士」等を発表。Johnny, Louis & Char結成翌年、 1979年に日比谷大野外音楽堂にてフリーコンサート”FreeSpirit”を行う。1988年、江戸屋設立以降ソロと並行して、PSYCHEDELIX、BAHOでの活動を行う。2009年 ZICCA RECORDS設立、自身が影響を受けたギタリストのカバーであるTRADROCKシリーズ(DVD/CD)を発表。2015年5月、十二支のアーティストによる書き下ろしアニヴァーサリーアルバム「ROCK十」(ロック・プラス)を発表。6月15日、 生れ還る暦を迎える前夜に、武道館公演を開催。7月には、日比谷野外大音楽堂にて、フリーコンサート“Rock Free”を行なう。11月、武道館公演を完全収録した「ROCK十 EVE -Live at Nippon Budokan-」(Blu-ray/DVD+CD)を発表。
2017年末、自身初となるAcoustic Tourを敢行。2018年秋”OLD NEWS”ツアーを予定し、現在も精力的に活動を続ける。

MORE INFO

www.zicca.net

鮎川誠

鮎川誠

(シーナ&ロケッツ)
ミュージシャン、ギタリスト

● MESSAGE

ストーンズが一番好いとるからね。
ストーンズがおったから今日も俺、ロックできよる。

世界中のロックンロールバンドはローリング・ストーンズがお尻に火をつけた。
エレキを使ったロックンロールバンドがストーンズのおかげで世界中に広まった。
気がつかんでもストーンズの音楽がそこにはある。

ロックは古いとか新しいとか世代がどうとか、とか。そういう世間のレベルと違うところで
ロックジェネレーションちゅうのは本当にひとつなんです。
同じ時代を生きたとかいう共有意識を超えたものなんです。
地球上で「ゴーゴー!」ち言えば、
誰かが「ジョニビーグッド!」っち返ってくるような
そういうロックジェネレーションの火を
まだ燃やしてくれよるのがストーンズやと思う。

自分が着た衣裳とか大切なものを置いとんやけん、心はきっとここにある。
ロック好きな人、これからロックが大好きになっていく皆さんの集まりの場にもなるし、
エネルギー補充の場としても、ロックが盛り上がるために素晴らしい展示会になることを願っているし
是非皆さんエンジョイして欲しいと思います。

これでまたロックで話ができる仲間がいっぱい増えると思うから
ありがとうローリング・ストーンズという感じです。

PROFILE ▼

1948年、福岡県久留米市生まれ。九州大学農学部卒。「シーナ&ロケッツ」のリーダー、ボーカル・ギタリスト。

1970~1978年、福岡を代表するブルース・ロックバンド「サンハウス」のリードギタリスト・コンポーザーとして活動後、1978年よりシーナ&ロケッツを結成。『涙のハイウェイ』でデビュー。『ユーメイ・ドリーム』が大ヒットとなる。
エルビス・コステロやラモーンズともライブで共演し、1981年にはアルバム『SHEENA&THE ROKKETS』でアメリカデビューも果たす。

「ロックは生だ。音で勝負!」という鮎川の指針のもと、アリーナクラスから数々のフェス、ライブハウスに至るまで、妥協なきステージングで繰り広げられるライブアクトを中心に活動を続けている。
結成時のオリジナルメンバーを現在も擁し、質・量ともに群を抜いたその活動歴は、ジャンルを越え、日本を代表するロックバンドとしての可能性を独走状態で追求し続けている。
ロックが出来るところならどこにでも行く、どこでもやるというフットワークの軽さは、鮎川が70歳を迎える今もまったく衰えることはない。

2014年7月に発表したシーナ&ロケッツの18枚目アルバム「ROKKET RIDE」はロング・セールスを記録中。
自身のソロ作としては『クールソロ』(Alfa)、『ロケット・サイズ』、ウィルコ・ジョンソンバンドを従えた『London Session』シリーズ(ビクター/SpeedStar)がある。
2016年シーナ&ロケッツのシーナとの出会いから、シーナ&ロケッツ結成秘話、これまでの生き方について語ったロングインタビュー番組CROSS FM「HAPPY HOUSE」が、日本放送文化大賞グランプリを受賞。その語りを「シーナの夢」(西日本新聞社)として書籍化される。

2017年11月には47都道府県ツアーを全県踏破して40周年目に突入した。
3月シーナ&ロケッツ40周年を記念して、鮎川誠選曲・監修の元、41曲が収録されたシーナ&ロケッツのベスト盤「ゴールデン・ベスト EARLY ROKKETS 40+1」「ゴールデン・ベスト VICTOR ROKKETS 40+1」がそれぞれ2枚組でビクターとソニーから発売。
またシーナ&ロケッツの半生を描くドラマをNHK福岡が制作。九州・沖縄限定で放送後、多くの反響により9月に全国で放送された。
11月26日には40周年を記念して名曲「レモンティー」が初の7インチ・シングルレコードとしてソニーから発売される。

音楽以外では、モデルとして多くのテレビCMや広告に出演するなど、その独特の存在感で多くの人を惹きつける。

俳優としてテレビドラマNHK『ちゅらさん』などに出演。映画では『ジャージの二人』(08年/中村義洋監督/堺雅人とダブル主演)をはじめ多くの出演作も。『ワルボロ』(07年/隅田靖監督)では映画音楽を手がけた。また、音楽・コンピュータへの博識を活かした『DOS/Vブルース』、『ローリング・ストーンズが大好きな僕たち』『’60sロック自伝』『200CDロックンロール』の著書もある。
またインターネット黎明期からシーナ&ロケッツのオフィシャルHPを自ら制作・運営しており、AMDアワードより受賞される実績を持つ。

シーナ&ロケッツオフィシャルサイト

http://www.rokkets.com/

シーナ&ロケッツ Facebook

https://www.facebook.com/sheenarokkets/

シーナ&ロケッツ Twitter

https://twitter.com/rokketduction/

シシド・カフカ

シシド・カフカ

アーティスト・女優

● MESSAGE

私がこんな大役を任せて頂けるとは!
大変光栄です

彼等の辿った軌跡を体感しながら
魅力に溺れたい

兎にも角にも
ストーンズを深く知り
更なる魅力に気が付ける企画展だと
サウンドからアートワークまで
何から何まで楽しみです

PROFILE ▼

誕生日 6月23日 身長 175cm 出身地 メキシコ 好きなアーティスト 山口百恵
ドラムヴォーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。2013年9月ファーストアルバム「カフカナイズ」発売。
フジテレビ「新堂本兄弟」ドラマ「ファーストクラス」への出演や、「PRETZ」「SONY WALKMAN®」「Levis®」などのTVCMでも話題に。2015年6月にはセッション・ミニアルバム「K⁵(Kの累乗)」をリリース。9月Zepp TOKYOでワンマンライブも開催。
2016年4月セカンドアルバム「トリドリ」リリース。2017年2月コンセプト・ミニアルバム「DO_S」リリース。
ミュージシャンとして各FESなどへの出演の他、女優、モデルなど多方面で活躍中。
ドラマ「ファーストクラス」、「視覚探偵 日暮旅人」、 「カンナさーん!」。映画「Zアイランド」、「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」に出演。
2017年、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に久坂早苗役で好演し一気に話題となる。
フジテレビNEXT「TOKYO SESSION –ROCKIN’GAMBLER–」、bayfm「土曜の夜にはカラスが鳴く」、Eテレ「高校講座 美術1」にレギュラー出演中。
最新作は2018年7月25日リリース 3rdアルバム「DOUBLE TONE」をリリース。
現在、公開中の映画「家族のレシピ」の主題歌を担当している。その主題歌【Hold my Hand】は配信限定として現在iTunesやレコチョクなどで配信中。

公式サイトURL

http://www.shishido-kavka.jp

Instagram

http://instagram.com/shishido_kavka

Twitter

https://twitter.com/shishido_kavka

Facebookページ

https://www.facebook.com/シシドカフカ-446965358683699/?ref=stream

公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/user/drumkvk/feed

公式LINE

http://line.me/ti/p/%40shishidokavka

Back To Top