35歳の少女

35歳の少女

日テレ、2020年10月期放送のドラマ「35歳の少女」の見逃し動画を無料視聴する方法を紹介しています。公式YouTubeやSNSの情報なども掲載。オススメ作品も載せているので併せてチェックしてみてください!

放送局:日テレ
放送日:2020年10月〜(毎週日曜22時30分放送)
出演:柴咲コウ

見逃し動画

<最新話>動画視聴リンク
  • 1週間限定 無料視聴(最新話のみ)
TVer

TVerの詳細はコチラ

<全話>動画視聴リンク
  • 第1話から全話 無料視聴
Hulu

★ huluで見られるオススメ『遊川和彦』脚本ドラマ

女王の教室
女王の教室

女王の教室

このドラマは天海祐希さんがとても厳しい小学校教師を演じ、それに立ち向かいながら成長していく生徒の代表を志田未来さんが演じているものです。自分も小学校のころにはじめてみたのですが、毎回毎回とても怖くて天海さんがほかのドラマやCMに出ていても怖い人と思っていたくらいです。しかし、やり方は怖いけど、実は深く深く子供達のことを考えていたり、子供達が自分たちの力で考え、成長していくことを見守っているというのがだんだんわかってきて最後は感動的でした。意地の悪い女の子を利用しつつも制裁していくところとかはものすごくドキドキした覚えがあります。今の教育現場ではここまで深く子供達と関わるのが果たしていいことなのかわからない部分はありますが、現場の先生たちも一度は見てほしいというドラマです。

家政婦のミタ
家政婦のミタ

家政婦のミタ

まったく笑わない家政婦のミタが父親と子供4人の家族の家庭に派遣されます。その家族は最近母親が亡くなったようですが、いろいろとあったようです。家政婦のミタの家事はパーフェクトで、何でも言われたことを的確にこなしていきます。しかし、そんなミタのことを子供たちは不思議に思うこともありました。彼女が笑わなくなった理由は、過去に子供を失っていることに原因があるようです。ミタは子供と一緒に行った遊園地に一人で出かけ、そこでしばらく時を過ごしています。家政婦のミタがこの家にやってきて、この家族と関わっていくことで起こっていく様々なストーリーがこのドラマの一番の見どころと言えるでしょう。そして、最後にミタとこの家族がどのようになっていくのかも注目したいところです。

過保護のカホコ
過保護のカホコ

過保護のカホコ

ごく一般的な家庭で超が付くほど過保護に育てられた主人公のカホコと、お世辞にも恵まれた環境で育ったとは言えない初(はじめ)が出会いお互いに成長していくストーリー。過保護に育てられ1人で何も出来ないカホコの様子がコミカルに描かれながらも、どこか自分にも当てはまる要素もあり、ハッと気付かされる事も多い。またカホコの純粋な心で周囲の人々が励まされたり時にはイラッとさせられる場面も魅力的。物語が進むにつれて2人の関係も進展があり、恋愛関係になるのだが、家庭環境の違いから生じる価値観の不一致で衝突があったりなど、なかなかスムーズにはいかない。しかしながら少しづつ2人で協力しながらお互いを成長させ周囲の理解を得られる様子がとても感動的。物語のスケールは小さいかもしれないが家族や友人など自分の大切な人の事を考えさせられるとても良いドラマ。

分析考察

ドラマ「35歳の少女」について、実年齢と精神年齢との差が繊細に表現されることを期待しています。

このドラマでは、25年ぶりに帰って来た一家の娘が精神年齢が10歳という状態だったことから物語が始まります。35歳の女性が10歳の少女の内面を持っていることで、家族はもちろんかつての知人など周囲の人々にも様々な混乱が起こることが予想されます。

35歳の大人の色気漂う女性が持つ10歳の少女が持つ真っすぐさという、外見と内面とのギャップが魅力的に描かれることを期待しています。また、10歳の少女が感じる家族や周囲の人々に対する戸惑いなどの感情が、丁寧に時に視聴者も共感できるように描かれることも期待しています。

■ 相関図

近日更新予定

SNS

■ Twitter

近日更新予定

<各話>感想コメント

■第1話(2020年10月放送分)の感想

第1話の感想(放送終了後に更新予定)

近日更新

(30代・男性)

このドラマもオススメ!

★ FODのオススメ『柴咲コウ』出演ドラマ

ガリレオ
ガリレオ

ガリレオ

このドラマは、ミステリー作品の鉄則である「トリックに、一般人には分からないような専門的な知識・技術を用いてはならない」というポイントをあえて破った作品です。しかし、だからこそミステリー初心者でも気軽に楽しめます。なぜなら、「トリックを当てよう」と気負う必要がないからです。トリックには基本的に、専門的な物理学の知識が用いられるので、素人が当てようと思ってもそうそう充てられるものではありません。だから、謎解きは完全に主人公にまかせっきりで良いのです。視聴者は、そのトリックに用いられる物理学の知識や、トリックの解明にいたるまでのプロセス、そしてその犯罪にまつわるヒューマンドラマに純粋に没入できるので、ミステリー初心者にも心から勧められます。

Dr.コトー診療所
Dr.コトー診療所

Dr.コトー診療所

島に来たコトー先生は、最初は島民から受け入れられない様子でしたが、信用を勝ち取り欠かせない存在になりました。島では唯一の医師なので貴重な人ですが、患者が後を絶たないもようで、体力面が心配されます。医師一人、看護師一人、役場職員が手伝いという過酷なスケジュールです。コトー先生に憧れている漁師の息子は、お父さんの後は継がずに医師になることを思い描いています。東京の学校に進めたくてお父さんは、船を売ってしまいます。漁師の命である船を売る姿勢は息子に期待している現れです。お金が掛かるので土方の仕事をすることになり事故を起こして借金まみれになってしまいます。看護師の母は脳に異常があり倒れてしまいます。娘も癌になり不幸続きの人達でした。この世に神様はいない、病気を治してくれるのは医師なのでコトー先生が神様て来な存在です。

外交官 黒田康作
外交官 黒田康作

外交官 黒田康作

真保裕一さん原作の映画「アマルフィ」から始まった黒田康作シリーズの第二作目です。制作当時で、10年もの間大活躍していた「踊る大捜査線」の青島刑事のキャラクターを見事に上書きして、”大人の男”を織田裕二さんがクールに演じています。黒田康作は外務省の”法人テロ対策室”に所属する外交官として世界中を飛び回っていたのですが、彼とは因縁浅からぬ先輩の霜村(香川照之)がサンフランシスコで謎の自殺を遂げたことで、思わぬ事件に巻き込まれていくのです。そしてその舞台は日本へ。黒田が警視庁佃署の刑事・大垣利香子(柴咲コウ)とともに霜村の死の謎を追い始めた時、彼らの前に思いがけない次の事件が浮かび上がってきたのです。織田裕二さんは、長い海外生活のせいで日本の暮らしの中の”当たり前”がわからず戸惑ったりする黒田の一面もチャーミングに表していました。